2014年01月29日

英語の勉強方法

押しも押されもせぬ最重要科目!!
、、、と言っても過言ではないだろう。

数学のように、実力はあるのに入試本番で舞い上がって全然解けない
というケースも英語の場合は少ない。
(数学も上記ケースが多いわけではないが、、、)

成績UPするのに長い時間を要すかわりに、
一度成績UPすれば、その後はそう簡単に成績DOWNせず、
かつ、「入試本番で実力がそのまま出る科目」だ。

もう一つある。
この科目は言葉であるだけに、勉強すればするほど伸びる科目である。


以下に、やってはならない勉強方法を述べる。

----やってはならない勉強方法 START----
1.単語集を一日1ページずつやる。
単語集反対という訳ではない。(むしろ単語集を覚えることはMUST事項だと思う)
例えば200ページある単語集を1日に1ページずつやるとしよう。
最初の1ページ目に戻ってくるのは、何日後だろうか。
忘却曲線の思うがままである。
200日経って1ページ目に戻ったとき、その英単語をみて
あなたはきっとこう言うだろう。

「Nice to meet you.」

単語集は出来るだけスピーディにやり、それを徹底的に繰り返すべきである。
例え、1周目、2周目、3周目と勉強しても、全く覚えていなかったとしよう。
それでも、脳の中には薄っすら残っている単語がいくつかある。(脳の機能的に)
その単語に長文で出会う。
その時に、貴方は、「あっ、この単語どっかで見たな、、、」

これが狙いの一つだ。
このタイミングで、この単語は貴方の脳裏に組み込まれていく。
(このタイミングではシッカリ覚えること。)

一方で、単語集10周目くらいになると、さすがに覚えてくる。

1日にxx個覚えるという方法では、「覚えなければ」、「また忘れちゃったよ」という
ストレスを生む。

一方のスピーディな方法では、
ある程度その苦痛からも開放される。

2.英文法のみを鍛える。
英文法の問題集には、重箱の隅をつつくような問題までを網羅したものがある。
「まずは英文法だ」と言っても、
その重箱の隅の部分を徹底的にやるのはいただけない。

赤本を見ていただきたい。
そのような英文法のみに依存した問題がどの程度出題されているだろうか。
殆どは長文読解の問題であることはご存知の通りだ。
英文法は薄い教材を採用すべきである。

3. 教科書の丸暗記。
これは、私が中学時代にやっていた方法だ。
英語の文章丸暗記は、いい勉強手法だが、教科書をとにかく丸暗記するってのは
いただけない。
どうせなら、基本英文700選やDUO3.0のような、要点の絞られた短文を暗記すべきである。
暗記するときは、「書く」や「声に出す」など 体を使うことにより
暗記効率は良くなる。

4. 辞書のような参考書を少しずつやる。
すんごい厚い参考書がある。
あれを1ページ目からはじめる事は、
どう考えてもあり得ない。
こういう分厚い参考書を買っておいて、「辞書代わりに使う」って手法も、
個人的には好きではない。
どうしても分からないことは、教師に聞くか、
薄い参考書に書いてなければ、捨ててしまおう。
posted by 添削さん at 21:52
"英語の勉強方法"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。